ビストロノミック

  1. バスク地方の郷土料理

    毎年この時期になると当店ではバスク料理を季節メニューとしてご提案しています☆バスク地方はピレネー山脈をはさんだスペインとフランスの両側ににまたがる地方。住人はバスク人と呼ばれて、独自の文化と言語を持っています。アートと美食の街としても知られていて、カラフルな街並みと、南の…

  2. ビストロ文化【カウンターフレンチ】

    私のお店の自慢は何といっても【カウンター】カウンターで1人でも。一杯。一品のフレンチが楽しめるビストロ。フランスにいた頃毎日のように通ったビストロがありました。名前は【loblick】リヨンの繁華街から少し離れた人通りの少ない一角にあるビストロ。マスターの名前はジ…

  3. ワイン会【フランスワインと郷土料理ロワール編】

    当店でもお馴染みのワイン会【フランスワインと郷土料理巡り】今回はロワール編でした!古城の街で知られるロワール地方は全長約1000キロとっても広い‼観光地としてもフランスの歴史を楽しめる場所です☆http://jp.france.fr/ja/discover/29152…

  4. お米のババロア リ・ア・ランぺラトリス

    当店の看板デザートの1つお米のババロア。名前は【リ・ア・ランぺラトリス】お米が甘い⁈とちょっと抵抗がある方もいらっしゃると思いますがフランスではスーパーなどでも売っている定番のデザート☆お米とアングレーズソースのデセール、お米のババロアです。ナポレオン三世お抱えの…

  5. 【お嬢のジビエ、鹿肉のステーキアッシェ】シェフのビストロノミーな世界

    岡山県真庭市の鹿肉を使った【お嬢のジビエ、鹿肉のステーキアッシェ】を店舗の新メニューとして2月より通年で販売いたします。【お嬢のジビエ鹿肉のステーキアッシェ】■お嬢のジビエ名前の由来は何といっても今回使用する鹿肉のハンター。都内の音楽一家に生まれ幼少期より女子御三家に通う生粋…

PAGE TOP