1人美術館@東急文化村ミュージアム【印象派】

文化村の印象派。今回は海運王バベルのコレクション。

印象派は、それまで歴史画や宗教画が認められていた中で
私たちが普通に見ることが出来る風景画や農民の様子、
静物画を描いたもの。
光や雰囲気など画家が感じとった印象を描いたのも大きな特徴。

マネやセザンヌ、ドガ。

目に優しい色や落ち着いた雰囲気が
ずっと絵を見ていられる感じ。
昔と今と好きな感じの絵が変わってきたかも!

仕事に追われるバベルは静物画に心の癒しを求めていたそうです。

企画展はとっても混んでいるので
最近はオープンと同時に見にいくようにしています。

以前カウンターでいつも食事してくれているお客様が
1人映画や1人美術館の楽しさを教えてくれました!

初回はとっても緊張したけれど、
今はとっても楽しんでいます☆

文化村はお店から歩いて行けるのと、
フランス映画も多く上映しているので
1人でウロウロしています♪

次はミュシャ!!

関連記事

  1. ビストロエガリテ新春“ジビエの会”
  2. ビストロエガリテの「ヌガーグラッセ」が全国イトーヨーカドーにて販…
  3. 7月&8月営業日のお知らせ
  4. ビストロエガリテ年末年始営業日時のお知らせ
  5. 函南町の循環型農業【野菜のはなし】
  6. 3月営業日のご案内
  7. ランチタイムの通常営業につきまして
  8. 神泉&駒場東大前、クリスマスディナーご予約受付中!
PAGE TOP